仕事の効率を上げるメモは取り方にあり

効率的なノートの取り方

会議の内容や人の会話はもちろんですが、自分の考えでさえ全てを書き留めることは困難です。
ならば最初から重要項目をしっかり書くことに集中しましよう。
会議の内容や会話なら全体の流れと要点を強調しましょう、アイデアなら核となる部分を目立たせましょう。
するとノートの内容が以前よりも明確になるでしょう。

アイデアを出そうとノートに向かった時、まったく何も思い浮かばなかったり、せっかく考えをまとめたノートを見ても漠然としてる時はありませんか?
それは、目標をしっかり書いてからアイデアを出していない為だったり、見返した時にどの様な目的でアイデアを出したのか確認できないためかもしれません。
これらのことを防ぐためにも、アイデアをまとめる際には最初に大きく目標を書きこむことが重要です。

使えるノートのまとめ方

大切な知識や斬新なアイデアが詰まったノートでも使い勝手が悪いと結局ただのメモ帖になってしまいます。
そこで効果的に使うことができるノートのまとめかたをご紹介します。
当たり前のことですが大きく綺麗な字でまとめる事がとても重要です。
ノートがもともと細かい人やアイデアが多い人は特に注意したほうがよいでしょう、綺麗に書くのは当然ですが字が細かくて見にくいと必要な情報が見つからないノートになってしまいます。
また、大きく字を書くと内容を確認しやすく、余白も大きいので後から付け足すことも容易です。

そしてノートの情報を探すことを容易にするのがノートにページを書き込み、目次をつける事です。
この作業は続けていくと繰り返し調べるページの目次を増やしていけば、よりノートが使いやすくなります。


▲ TOPへ戻る